自分のブログ名

超 カーデザイン レビュー

「日本車はカッコ悪い」なんて言わせたくない

スズキ スペーシア ギア 2019 (B 75点)

スペーシア

スチールボディそのままのカスタマイズカーだが、SUVっぽい雰囲気は十分ウケそう

 

■まとめ (B 合計75点/100点満点)

   スズキ スペーシア ギアはスズキ スペーシアのスチールボディそのままのSUV風カスタマイズカー。(スズキはSUVと言ってない)

  最低地上高も変わらず、オフロード走行性能も同じ。オフロードはスズキ ハスラー等に任すと割り切りが出来るのは さすがスズキだ。

  せっかくメーカーがカスタマイズするなら、スチールボディも一部変えて欲しいところだが、このままでもSUVっぽい雰囲気は十分出ている。ウケる人は多そうだ。

  「遊び心」で細々と凸凹させているので、それをオモチャっぽいと思うか、それとも許せるか で評価が別れそう。

■主な比較対象車

・スズキ スペーシア (ベース車)

・スズキ ハスラー (同門車)

・スズキ ジムニー (同門車)

・三菱 ek クロス (競合車)

■キャラクター

・ポジション

 

  2019年度国内新車販売台数3位の軽スーパーハイトワゴン、スズキ スペーシア(2代目)をベースにした新しいカスタマイズカー。題して「SUVな軽ハイトワゴン」。(スズキはSUVと言っていない)

・用途

 

  スペーシアから最低地上高含めてサイズが変わらず、オフロード走行性能も同じ。まさに外観の違いだけ。オフロードはスズキ ハスラー等に任すと割り切られている。

 

・デザイン要求

  つまり外観の一部の違いだけで、新規ユーザーを獲得するようなデザインが求められる。

■コンセプト (25/30点満点)

カーデザイン

スペーシア

 ・テーマ

  「ツールボックスみたいな遊びゴコロと機能性が融合」、「冒険心を刺激するSUVデザイン」がキーワード。

  実際に冒険するならクロスカントリー車のスズキ ジムニーを選ぶだろう。あえて刺激止まりなのは この車のキャラクターとして妥当だ。しかしオモチャと思われるとシラケられてしまう。

  だから遊びゴコロは単純に表現するとオモチャっぽくなるので疑問。ジムニーのようにメーカーが真面目に作った車をユーザーが遊ぶ (車でなくユーザーに遊びゴコロ)という関係が良いのでは。(-5点)

・モチーフ、アイデア

  スペーシアは「スーツケース」がモチーフ。スーツケースはツールボックスのテーマに合っている。

  スペーシア ギアはスペーシアのスチールボディを変えず、樹脂部品だけを変更するアイデア。しかし樹脂部品だけならアフターマーケットでも出来る。せっかくメーカーがカスタムカーを出すなら、せめてフェンダーだけでも変更しないと意味が薄いが、コスト的に仕方ないのか。

  もし樹脂部品だけで作り分けるなら、eKワゴンとeKクロスのように最初から作り分けを考えながら同時開発したらどうか。

■全体デザイン (15点/20点満点)

スペーシア

プロポーション

  スペーシアと同じ。スペーシアは車高が高いので、そこから最低地上高を上げるのは転倒角を考えると難しそうだ。

・フォルム

  フロント側はバンパーの凹凸等で彫りが深く、スペーシアと差別化出来ている。

カラーリング

  ツートーンカラーはボディの上下をガンメタリックで挟んでいて引き締まって見える。

  単色は無塗装樹脂部品を使った商用車のように見えて残念。樹脂部品がみんな黒いのにボディ単色で選べる色はモノトーンだけ。さらにボディ全体が四角いことやスチールホイールのような見た目のホイールも商用車っぽく見せている。(-5点)

■フロント (15点/20点満点)

スペーシア

・ランプ

  ジムニーと共通の丸目ライトはSUVらしい。その周囲を樹脂プロテクターで囲っているが、そこに付けたリブのレリーフは浅く小さいため あまり機能的に見えない。フェンダーを変えられれば もっと工夫出来ただろうが。

・グリル

  ジムニーと同様のハニカムグリッドはSUVらしい。さらにジムニー同様の5スロットグリルにすれば、もっとタフなイメージになっただろう。

・バンパー

   バンパー両サイドは角ばったプロテクター形状、下側はアンダーカバー形状で、SUVらしさを表現。しかしバンパー中央はスペーシアと同様にボディ同色の細めのバーなので弱そうに見える。(-5点)

■サイド (15点/20点満点)

スペーシア

・ルーフ

  ルーフレールが付くのは遊び車の御約束か。全高 高いので何か積むのは大変そうだ。

フェンダー、ドア

 ドアのレリーフとサイドシルに付けたプロテクターはSUVらしいが、もう少し厚みの表現が欲しい。細かい凹凸のためにベースが薄くなっているし、フロントバンパーのゴツい表現と並ぶとオモチャっぽく見える。(-5点)

  フェンダーは特に工夫がない。例えフェンダーを替えられなくとも、ek クロスのようにラッピングフィルムでプロテクター風に見せる方法もある。もちろんフェンダーを替える方が効果的。

・ホイール

  スチールホイール風のアルミホイールが付いている。スチールホイールでは見た目に厚みを出せないためアルミにしたらしい。全体デザインには合っているが、ボディ単色の場合に商用車っぽく見える要因の一つだ。

■リア (5点/10点満点)

スペーシア

・ランプ

  スペーシアと同じランプは周辺の光り物が気になる。ブラックトリムなら全体に合うのだが。(-5点)

・バンパー、ハッチ

  バンパーのアンダーカバーもSUVらしい。もう少し厚く見えると良いが寸法の余裕(デザイン代)が不足か。

  リフレクターがパンパーにあると こすりやすいので、位置を変えられると良かったが、変更を最小限にするため仕方ないのか。

  ハッチのハンドルカバーの色を変えたのは良いアクセント。

■注記

※このブログのレビューは あくまで個人的意見の相対評価

※このブログで「デザイン」は外装スタイリング(外観)のこと

※画像の出典

https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/detail/

https://www.suzuki.co.jp/car/spacia_gear/styling/

https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/styling/

ホットドッグ

<PR>