自分のブログ名

超 カーデザイン レビュー

「日本車はカッコ悪い」なんて言わせたくない

カーデザイン レビュー用語 (シソーラス)

ここのレビューで使っている用語の意味(定義)について まとめた。

 

■全般

・デザイン: スタイリング(外観)

・デザイン要素: デザインを構成する個々の表現(主に部品分けによる)

・テーマ: 表現すべき狙い(車のウリ等)

・モチーフ: 表現のヒント

・アイデア: 表現のエッセンス

・スケッチ: アイデアを絵にしたもの

・スタイル: 表現の様式(車の全体に渡る)

・キュー: 表現上の特徴(特に その車独特の特徴)

・アイコン: 象徴的な表現

アフォーダンス: デザイン要素が人に与えるイメージ(主に機能的な)

・キャラクター: ユーザーが抱く車のイメージ (特に用途とデザイン スタイル)

・ポリシー: デザインの方針やルール (スタイルの決めごと)

・ポジション: 車やメーカーの位置付け(他との比較による)

・コンセプト: デザインの条件と表現方法をまとめたもの

■形

・形: 概念的な形

・形状: 具体的な形

・造形: 製造された形(実際の微細な形状を含む)

・マス: 見た目の大きさ(主に面積)

・重心: マスの中心(主に面積重心)

・ボリューム: 容積

・スペース: キャビン等の空間

・パッケージング: 乗員、荷物、メカ、タイヤ等の配置(寸法上の要求条件)

・デザイン代(しろ): 表現のための寸法の余裕

・プロポーション: 寸法や配置の関係(ボンネット、ルーフ、オーバーハング等)

・タンブル: 側面の内側への傾斜

・グラスエリア: 窓の面

・シルエット: 大まかな2次元形状(ボディ等の輪郭)

・シェイプ: 大まかな3次元形状(ボディ等の輪郭)

・グラフィック: 2次元的形状(窓やランプ等)

・フォルム: 3次元的形状(ボディ等)

・テクスチャー: 表面の微細な形状や質感

レリーフ: 表面の凹み

・キャラクターライン: 表面の凹凸による線

・ピーク: 各表面で最も凸な箇所

・ピン角: 尖った角

・角丸: 丸まった角

・角面: 直線で面取りした角

・面取り: 角の尖った所を削ること
・カク面取り、C面取り: 角の尖った所を斜めに削ること
・マル面取り、R面取り: 角の尖った所を丸く削ること

・R: 曲線や曲面の半径(曲率を示す)

・ビジー: ゴチャゴチャして煩雑なこと

■色

・色:  概念的な色

・カラー: 具体的な色

・カラーリング: 配色

・色合い: 色の色相、明度、彩度の様子

・明るい/暗い、薄い/濃い: 色の明度

・鮮やか/渋い: 色の彩度

・ブラックアウト: 黒くして目立たなくすること

■車

・ボディ: 車体

・アッパーボディ: 車体のうち底面以外

・ロアボディ: 車体のうち底面

・サイドボディ: アッパーボディのうち側面

・サイドシル: サイドボディのうちドアの下の部分

・スチールボディ: 車体のうち金属製の部分

・キャビン: 乗員室

・グリーンハウス: キャビンのうち窓で囲まれた上屋

・ベルトライン: サイドウィンドウの下端の線(上屋の境界)

・ショルダーライン: ベルトラインの下のピークの線

・ルーフライン: シルエットのうち屋根の部分

フェンダーアーチ: タイヤを入れるフェンダーの切り欠き

フェンダーフレア: フェンダーの膨らみ

ブリスターフェンダー: 大きく膨らんだフェンダーフレア

・ガーニッシュ: 装飾全般

4ライト: サイドウィンドウ4枚の構成

6サイト: サイドウィンドウ4枚とリアクォーターウィンドウ2枚の構成

■注記

※このブログのレビューは あくまで個人的意見

※このブログで「デザイン」は外装スタイリング(外観)のこと