自分のブログ名

超 カーデザイン レビュー

「日本車はカッコ悪い」なんて言わせたくない

日産 ノート 2020 (C 65点)

日産の新世代デザインの先駆けだが、ノートでの狙いが不明確

『イタリアンデザイン世界を走る』 宮川秀之 著 (おすすめ本)

カーデザインの巨匠ジュジアーロ氏の思いや仕事ぶりが分かる

スズキ ソリオ 2020 (C 65点)

後出しジャンケンの競合車に対して、さらに後出しジャンケンしたみたいだ

ホンダ N-ONE (2代目) 2020 (B 75点)

パッと見では先代と変わっていないように見えるが、顔が草食動物から肉食動物へ

『スバル デザイン』 (SUBARU DESIGN) 御堀直嗣 著 (おすすめ本)

スバルのカーデザインの方針と手法の全体像が分かる

スバル レヴォーグ (2代目) 2020  (B 75点)

どうせガンダムみたい と言われるなら全身エッジの効いたデザインを追求したら

ホンダ e 2020 (A 90点)

ホンダ アシモのようなロボットみたいに見えて親しみやすい未来感

新発売 国産 SUV カーデザイン ランキング 2019-2020

この2年間に新発売されたSUVのトップは はたして どの車か?

『フェラーリと鉄瓶』 奥山清行 著 (おすすめ本)

イタリアのピニンファリーナ等でのデザイン作業の要点が分かる

マツダ MX-30 2020 (D 50点)

アイデア出しのための自縄自縛が難し過ぎたのかマツダらしさが不明確

トヨタ ヤリスクロス 2020 (C 70点)

ミニマリストはシンプルと違うらしい。シンプルに出来なくて宇宙人顔に

トヨタ クラウン 後継車 セダンプラス 2022 ? 予想②  (考察)

後継車となるセダンプラスは こんなデザインになるんじゃないかな

トヨタ クラウン セダン生産終了 後継車 2022 ? 予想① (考察)

生産終了はショックだが、クラウンの進化と考えて後継車を予想した

トヨタ ハリアー 2020 (B 85点)

トヨタ流「カイゼン」の賜物。クーペのスタイルとSUVのスペースを絶妙に両立

日産 キックス 2020 (C 60点)

スニーカーを後から高級にしようしたらスニーカーらしく なくなった

『カーデザインは未来を描く』 根津孝太 著 (おすすめ本)

カーデザインの過去を概観して、未来社会を変えていく提案も

ダイハツ タフト 2020 (C 65点)

なんちゃってクロスカントリー車やデザイナーの遊び心を認められるか否か

ホンダ アコード 2020 (B 85点)

まるで全長の長いクーペ。ユニークなFF車らしいフォルムで他車と差別

『ニホンのクルマのカタチの話』 中村史郎 著 (おすすめ本)

フェアレディZらしさ等の日産デザインの考え方が分かる

三菱eKクロス スペース 2020 (C 70点)

ヒルディセント コントロール付けたなら、もっとSUVらしさを徹底しては

日産 フェアレディZ 新型 プロトタイプ 2020 ②フォルム (考察)

新型のフォルムは歴代オマージュだけでなく、FRっぽさを強調するチャレンジ

日産 フェアレディZ 新型 プロトタイプ 2020 ①プロポーション (考察)

新型のプロポーションはロングノーズ&ショートデッキじゃなかった

トヨタ ヤリス 2020  (C 60点)

ヨーロッパで試した「黒豆」モデルに比べて、実車は間延びして凝縮感が薄れた

ホンダ フィット 2020 (C 70点)

可愛いデザインはトレンドに合っている。でも初代のインパクトが懐かしい

スズキ ハスラー 2020 (A 95点)

ツール的でSUVとしては大正解。先代の手描きぽいフォルムから定規ぽくなった

ダイハツ ロッキー 2019 (C 70点)

顔はRAV4みたいで、体はジェリービーンズ。まるで「面従腹背」のようだ

マツダ CX-30 2019 (B 75点)

ボディの面の美しさに自信があるなら分厚いプロテクターで「上げ底」しなくても

ホンダ N-WGN 2019 (B 75点)

同じサイズのN-BOXスラッシュと統合したら個性的になって面白そうじやないか

トヨタ スープラ 2019 (D 50点)

スポーツカー戦略が ないなら、いっそトヨタ2000GTのリバイバルを したら

トヨタ RAV4 アドベンチャー 2019 (C 65点)

チャレンジする勇気。オンロード化するSUVのトレンドに対するアンチテーゼ